一定の速度で走れば省燃費になる

2014年7月2日 / 未分類

燃費は少しでもいいほうがガソリンの使用料を少なくすることができます。

 
昨今ガソリンの値段が高くなっていることもありますが、地球温暖化などいろいろの要素からも一人でも多く、少しでも省エネドライブを行うことが大切です。
燃費は車のメンテナンスや運転方法によって変わるのです。例えば車のメンテナンスではタイヤの空気圧が適正か、定期的にオイルなどを交換していると燃費向上につながります。

 
また運転方法としては不要なアイドリングをやめて、燃費がよくなる運転を行います。

 
アイドリングというのはまったく距離は走らずにその場でエンジンをかけているだけなのでとても燃費が悪くなります。
燃費がよくなる運転は急がつくような運転方法はできるだけ行わないことです。例えば急発進、これはとても燃料が必要となります。ゆっくりと加速して車の流れに沿って走ることがとても大事です。

 
そして速度はできるだけ一定にして走行します。高速道路の走行のほうが燃費がよくなるのはそういった理由からです。
アクセルは一定しにてドライブすることです。できるだけ先を見越して、前が詰まっていたり赤信号といった場合は早めにアクセルオフにしてゆっくりと停止できるようにします。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る