カテゴリー「未分類」の記事

道路交通状況をチェック

2014年7月2日 / 未分類

地球環境のためにもお金の節約のためにも、省エネドライブはおすすめです。方法はいろいろありますが、その一つとして道路交通状況をチェックして無用なアイドリングをストップさせるというものがあります。

 
無用のアイドリングをストップさせる機能がついた車もありますが、そうでない場合は自分でコントロールする必要があります。アイドリングは、車が止まった際に行われていますので、いかに効率よく自動車を走らせ続けることが出来るかは重要なポイントです。

 
渋滞が発生すると、信号待ちでなくても車を停車させる必要が出てきます。しかし、じりじりと動いていくため、エンジンを止めるわけにはいきません。ですから、道路交通情報を把握し、渋滞があれば迂回する、高速道路の場合は一般道に切り替えるなど、渋滞に巻き込まれないようにする必要があるのです。渋滞してしまってからでは、わかれ道や出口があるまでどうすることもできません。渋滞に出会ってからでは手遅れなのです。

 
道路交通状況は、ラジオなどを通じて、運転中でも常に最新のものを把握しておく必要があります。出かける前の情報だけでは、実際通行する時間には状況が変化していることも多いからです。また、カーナビがついている場合は、そこからも情報を得ることが可能です。

エアコンを調整するメリット

2014年7月2日 / 未分類

車の車内には、よくよく見ますと、色々な装置が備わっている事が分かります。

 

それらの装置は車外の他の方々に対して、自分の運転行動を知らせる為に必用となるようなものもあり、またはドライバーが運転に集中できるようにするための、いわゆる快適装置と呼ばれるものとに分けて考える事ができるでしょう。ドライバーに対しての快適装置が省かれているような安価な車も販売されていますが、やはりこのような装置がある車と無い車とでは、運転中の疲労度も大きく変わる事となりますので、できるだけ備わった車を購入された方が良い事が考えられます。

 
快適装置の中でも、特に空調に関するものは重要であり、直接これがドライバーの疲労軽減に繋がる事もあります。特に夏の暑い中を長距離ドライブするような場合には、冷房をしっかりとかけたいところです。このようなエアコン装置なんかは、実際には電力を使用して作動している状態になります。その電力は勿論有限となり、無限にあるものではありません。しかもエンジンの力によって発電されているものでもあります。

 

ですから、風量や温度調整を行う事によって省エネ効果も発揮する物となりますので、燃費の気になる方はある程度使用を控えるように利用してみて下さい。

暖機運転は不要なわけ

2014年7月2日 / 未分類

昔はよくエンジンをよく暖めてから走らないと故障するなどと言われていましたが、本当のところはどうなのでしょうか。
結論から言いますと暖機運転はほとんどいりません。

 
まず最近の車の性能がよくなったこともありますが、エンジンはすぐに暖まるので待つ必要はないということです。
逆に言えばエンジンを暖めるのに数分間も暖機するとその間無駄なガソリンを消費してしまうことにもなります。
省エネということからもエンジンは暖気をせずにすぐに走り出したほうがいいのです。

 

しかしどうしても気になるという方は、数十秒暖機してその後ゆっくりと走り出せばすぐにエンジンは暖まります。
よほど極端な寒冷地の場合は、寒冷地仕様の自動車が必要となりますが、基本的にはオイルが循環すれば大丈夫なのです。
ただオイルの粘度があまりにも固い場合はエンジンに負荷がかかることにはなります。
ただそのような場合もエンジンをかけてた状態でそのまま暖まるまで待っていてはかなり時間がかかってしまうだけなので数十秒エンジンをかけゆっくり走りましょう。

 

またドライブに行った先々でも休憩などで停止している間はエンジンを切るようにしましょう。そうすることでより省エネとなります。

燃費を良くする運行管理について

2014年7月2日 / 未分類

自動車で気になる、維持費のうちに燃料代があります。
特に最近は自動車の燃料が高値で安定してしまっているので、それに対して頭を悩ませているという人も多いのではないでしょうか。
しかし、自動車に乗らなければ生活ができない地域などは、燃料代をどうすることも出来ません。
そこで、少しでも燃料の消費を抑えた運行管理をすることで少しでも燃料代を節約することができます。

 

燃料代を節約するためには、まず運転方法を見直す必要があり、運転ひとつで燃料の消費が大きく変わることがあるのです。
まず、燃料を消費する時というのはアクセルを踏んだ時なので、不必要にアクセルを踏まないように心がけるようにしましょう。
しかし、あまりダラダラと加速をしてもスピードがピークになった時にすぐに信号に引っかかってしまうということもあるだけに、適度に加速を心がけることは重要です。

 
次に信号に引っかかった直後であれば、アイドリングストップをすることで燃料の消費を抑えることができます。
しかし、すぐに信号が変わりそうなときなどにしてしまうと、逆にエンジンの再始動に燃料を消費してしまうことがあるだけに、長く待つことがわかるときだけにまずは始めてみましょう。

 
このようにちょっとしたことで、燃費というのは良くなるものなのです。

無用なアイドリングをストップ!

2014年7月2日 / 未分類

自動車にとって燃費はとても気になるものです。

 
ガソリン代といった燃料にかかる費用の高騰もあります。実際どこまでガソリンの値段が上がるのか誰もわかりません。

 

しかし最近は省エネ、エコカーブームもあり少しでも燃費をあげようと努力する人もいます。
例えば燃費を少しでもよくするための方法として、不要なアイドリングをやめるという方法があります。
これは意外と燃料を消費するのです。エンジンをかけて暖機運転するといったことも最近は車の性能がよくなっていることもありあまり必要はありません。
またどこかで休憩する場合もエンジンを止めるように心がけることで燃費は少しでもよくなります。夏場など炎天下で車を停めるとやはりエアコンが必要となりますが、ちょっと工夫して日陰を探して停めるということをすれば少しでも燃料の消費を抑えることも可能です。
そしてもちろん省エネドライブが燃費向上にはとても効果的なのです。

 

急発進、急ブレーキは一番よくありません。発進時はオートマチック車ならクリープ現象の動作を利用して発進させ、車の流れに応じてゆっくりと加速をすることです。

 

また停止時も前が詰まっている、赤信号であるような場合はゆっくりと停止すれば無駄な燃料を消費せずに済みます。

アクセルオフのワザが効く!

2014年7月2日 / 未分類

最近長いことガソリン価格が高騰したままのため、ガソリン代が気になってしまうという人は多いのではないでしょうか。
ガソリン代を少しでも節約をするためには、いくつかの方法があります。

 
まず一番の節約方法といえば、自動車に乗らないことです。
自動車に乗らなければガソリンはいってきも消費することはありませんので当然、お金はかかりません。
そのため、必要のないのに車を乗るのをやめればそれだけ節約することができます。

 

 

しかし、自動車の使用法の用途が主に通勤などの場合この方法を取ることができません。
そこで、そのような場合はのり方を変えることで、ガソリン代の節約をすることができるのです。

 

 

その方法というのは省エネドライブをすることで、できるだけ燃料を消費しない運転を心がけるだけで、節約をすることができるのです
まず燃料を消費する瞬間というのはアクセルを踏み込んだ時ですから、必要のないところではアクセルオフにすることで燃料の消費を抑えることができます。
下り坂などではアクセルを踏む必要がないわけですから、そのような場所でアクセルを踏まずに惰性で走行するだけで燃料の節約をすることができます。
また、このような状況ではエンジンブレーキがきき、燃料の供給がゼロになるため非常に経済的なのです。

一定の速度で走れば省燃費になる

2014年7月2日 / 未分類

燃費は少しでもいいほうがガソリンの使用料を少なくすることができます。

 
昨今ガソリンの値段が高くなっていることもありますが、地球温暖化などいろいろの要素からも一人でも多く、少しでも省エネドライブを行うことが大切です。
燃費は車のメンテナンスや運転方法によって変わるのです。例えば車のメンテナンスではタイヤの空気圧が適正か、定期的にオイルなどを交換していると燃費向上につながります。

 
また運転方法としては不要なアイドリングをやめて、燃費がよくなる運転を行います。

 
アイドリングというのはまったく距離は走らずにその場でエンジンをかけているだけなのでとても燃費が悪くなります。
燃費がよくなる運転は急がつくような運転方法はできるだけ行わないことです。例えば急発進、これはとても燃料が必要となります。ゆっくりと加速して車の流れに沿って走ることがとても大事です。

 
そして速度はできるだけ一定にして走行します。高速道路の走行のほうが燃費がよくなるのはそういった理由からです。
アクセルは一定しにてドライブすることです。できるだけ先を見越して、前が詰まっていたり赤信号といった場合は早めにアクセルオフにしてゆっくりと停止できるようにします。

アクセルペダルは優しく踏んで

2014年7月2日 / 未分類

車に関する業界は、今では熾烈な競争に巻き込まれているような状況にあります。特に車を生産する各メーカーでは、主に燃費の良い車の生産に力を入れている企業が多くあります。何故このような事になっているのかと言いますと、車のユーザーがそのようなニーズを持っているから、という事に尽きるのです。車の良い所とは燃費が良いという事の他にも多数ありますが、今ではとにかく燃費を重視されるユーザーが圧倒的に多いという状況にあります。

 
また世界的に見ましても、まだまだ車を走らせるという事で、どうしても温室効果ガスを排出するような行為になる事には変わりありません。従いまして、社会からも如何に燃料消費量を抑える事ができるのか、という技術に対しての要求がなされていると考えることもできるでしょう。このような事から、少しでも燃費の良い車を生産しようと、メーカー各社が鎬を削っている事になっています。

 
メーカーだけではなく、ユーザー自身もこのような事に関わることとなりますので、普段からの運転方法をしっかりと見直し、できるだけ省エネドライブを心がけて下さい。アクセルペダルを一気に踏み込まず、ゆっくりと踏み足すような感じで、燃料消費量を抑える運転を取り入れていきましょう。

燃費を良くする運転方法とは?

2014年6月20日 / 未分類

ガソリン代が一向に下がらない最近では、自動車の燃料のことも気になってきてしまいますよね。
そこで、少しでも節約をするために燃料の消費が少ない運転方法を試してみるというのはどうでしょうか。

 

 

しかし、自動車の燃料消費を少なくするには、まず車にのる前にしておくべきことがあります。
それは車内の、不要な重量物を取り除くことです。
車の重量が重くなればそれだけ、パワーを必要とするのでそのためにたくさんの燃料が消費されてしまいます。
そのため、ゴルフバッグや冬タイヤなどが積んで、あった場合はそれを降ろすところから始めることにしましょう。

 

 

それから、燃料の少ない走り方をしていくことになりますが、まず大事なことは不用意にアクセルをふかさないことが肝心です。
アクセルを踏み込むとそれだけ燃料を消費してしまうので、余計な燃料代がかかってしまうことになります。
しかし、あまりだらだらと加速するのも無駄に燃料を消費してしまうので、しばらく信号に引っかからないような状態になった時には素早く加速をすることが大事です。

 
また、急ブレーキを踏まない運転を心がけるのも大事なことになります。急ブレーキはそれまで生み出した、エネルギーを捨ててしまうことになるので燃料をただ捨ててしまうことと同じことになってしまうためです。
このようにのり方ひとつ気をつけるだけで、車の燃費は変わってきます。

TOPへ戻る