省エネドライブのススメ

4月からの消費税増税に伴うガソリン価格の高騰が世の中のドライバーにのしかかっています。

 

車に乗ればガソリンを使います。

 

少しでも燃費を向上させる為、車を乗り換えたり、添加材を入れたり様々な事を試されています。

 

実は運転の方法一つで燃費は大きく変わります。まず、車内に余計な荷物を載せない事です。

 

車両の重量が重くなれば燃費は悪くなります。トランクや荷室に家には置けない余計な物を積んでいませんか。

 

同じくガソリンを入れる時も満タンにしていませんか。

 

満タンにすると車両が重くなり燃費が悪くなります。次に省エネドライブの方法です。

 

まず車の速度変化が無いようにアクセルワークを一定にします。

 

アクセルを踏むとスピードが速くなります。

 

これはアクセルを踏む事によりガソリンの使用量を増やしているのです。

 

ガソリンがおおくエンジンに供給されるとエンジンの回転数が増えスピードが出るのです。

 

ですからアクセルワークは一定にして余計なガソリンを使わない事か重要なのです。

 

また信号等で停車の時、青信号になった途端アクセルを踏み込む方がいます。

 

車は停止から動き出す時に多くのガソリンを使います。

 

車を動かす時はゆっくり動き出す事が重要です。

 

ちょっとした事が燃費の改善につながります。

TOPへ戻る